Home

ヘアケアトレンドニュース

近年の薄毛研究の今“薄毛酵素”発見の可能性

日本では、成人男子の4人~5人に1人が薄毛に悩んでいると言われ、ストレスの多い現代社会、その割合は年々高くなっているようです。世界的にみると、地域差があり、欧米諸国のほうがアジア諸国よりも薄毛率が高いようですが、ともあれ、万国共通の悩みである薄毛。世界各地で対処法、治療法の研究・開発が盛んに行われています。

「この分野にとって今が一番エキサイティングな時」とある研究者が言うように、近年、可能性を感じさせる発見が相次いでいます。人類が薄毛を克服できる日は近いのか?最新の技術動向をまとめてみました。

【細胞のクローン化】
今話題になっているのが、米コロンビア大学と英ダラム大学の研究チームによる新しい発毛方法の研究。毛髪を脱毛箇所に移植する従来の方法と異なり、毛を作る細胞を頭皮から採取し、そのクローンを施設で量産して、それらを頭皮に戻すというもの。現在、マウスにそのクローン細胞を植え付ける実験では成功しており、今後臨床試験を行う予定とのことです。

【脱毛症の原因PGD2】
続いて「PGD2」について。これは、昨年米ペンシルバニア大学が、男性型脱毛症の原因になっている可能性があると特定した酵素。薄毛の人の頭皮には、通常の3倍のPGD2が存在することがわかりました。既に製薬会社が、抗アレルギー薬に同酵素を抑制する効果があるとして、テストを行っています。実際に人体で効果が確認されるまでにはまだまだテストを重ねる必要があるようですが、こちらも今後の展開が期待されています。

【毛包の再生因子FGF9】
その他、注目されているのが米Follica社によるFGF9の研究。同社は、皮膚の損傷時に、FGF9というたんぱく質が、毛髪の再生に重要な役割を果たしていることを発見。これを利用し、器具で故意に皮膚に傷をつけ、その際にFGF9を投与して新しい毛包の再生を促すというもの。こちらもマウス実験では成功しており、現在臨床試験を行っているということです。

上記のなかで実用化されるものがあるのか、それとも他の新技術が登場するのか、現時点では何とも言えませんが、遂に人類が薄毛問題を克服する日がやってくるのか、非常に興味深いところです。

[情報元]ニューススフィア

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

身体の冷えは、美容の大敵!髪と頭皮と冷えの関係

少し大胆な表現ですが、「頭皮と頭髪は同じ皮ふ(表皮)」であり、「頭皮をケアすれば、美髪」になれます。美髪や発毛のために頭皮を美肌にする生活習慣、ホームエクサイサイズを毎日ほんの少しだけ実践することで、美髪になり、発毛もします。同時に「美人」にもなります。

頭のてっぺんには筋肉がありません。筋肉によるダイナミックな血管へのポンプアップ効果は期待できません。実際、耳や頭のてっぺんを頭の筋肉だけで動かす人って少ないですよね。頭頂部を除いた頭部には、前頭筋、側頭筋、後頭筋の3種の筋肉があります。そこも含めてマッサージします。

マッサージにあたり、毛髪と頭皮を同時に動かすように、毛をかき分けて頭皮を指腹で軽く押さるようにしてください。毛の上から漫然と行うと、頭皮もあまり動きませんから効果半減です。それよりもっと問題なのは、頭皮と毛がすれて、どちらも傷をつけてしまうことです。気を付けてください。

頭のてっぺんに血液をしっかり供給するには、私たち自身が頭皮をサポートしてあげねばなりません。育毛剤や毛髪によい食事をすることや、睡眠をしっかりとるのも大切なことですが、最も身近で重要な頭皮活性行為はマッサージです。

毛乳頭への十分な血液供給がなされ、毛母細胞が活発化します。頭皮が元気になると、頭皮とつながっている顔のお肌をリフトアップします。お解かりいただけたでしょうか?さあっ、頭皮マッサージで美髪になり、美人になりましょう!

[情報元]マイナビニュース

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

クラシエホームプロダクツ ヘアケアブランド「ディアボーテ HIMAWARI(ひまわり)」を発売

クラシエホームプロダクツは、ヘアケアの新ブランド「ディアボーテ HIMAWARI(ひまわり)」(オイルインシャンプー、オイルインコンディショナー、オイルイントリートメント/オープン価格)を2014年2月7日に発売する。35歳過ぎから感じるうねり、くせ、パサつきの原因となる“髪のゆがみ”をケアして、扱いやすく、素直でまとまりのよい髪へ導く。

同社調査によると、35歳以上の女性の70%が「髪質の変化」を感じているという。特に、髪のうねり、くせ、パサつきなど、それまではあまり感じることのなかった髪質の変化に悩まされている。この調査結果に着目し研究を重ねた結果、このような髪質変化は1本1本の毛髪内部で脂質と水分バランスが乱れる、いわゆる“髪のゆがみ”が原因であることを突き止めたという。「ディアボーテ HIMAWARI」は「プレミアムヒマワリオイルEX」を配合。毛髪内部の脂質と水分バランスを整えて、扱いやすく、素直でまとまりの良い髪に導くヘアケア新商品を開発した。

同品は、「プレミアムヒマワリオイルEX」(オーガニックヒマワリオイル、ヒマワリ種子エキス、ヒマワリ芽エキス、ヒマワリ花エキス)(脂質&水分キープ + ダメージ補修成分)を配合。「うねりコントロール処方」によって、髪内部の乱れた脂質&水分(毛髪成分)のバランスを整え、うるおいを閉じ込めて、うねりを伸ばした状態をキープする。ダメージセンサー機能では、髪表面の凸凹を均一に整え、トリートメント成分を浸透しやすい状態にし、さらに、傷んだ部分を集中的に補修する。シャンプーはノンシリコン処方とのこと。全品サルフェートフリー処方(硫酸系界面活性剤不使用)となっている。陽だまりのあたたかさと透明感のある心地よいエレガントフローラルの香りだという。

[情報元]マイライフニュース

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

キャンデリラロウ微細化、ベタつき抑え髪にツヤ ミルボンが成分解明

ミルボンは天然のワックス成分「キャンデリラロウ」について、従来よりも少量の界面活性剤によって髪のツヤ向上につながる透明な外観の水中油型微細分散物を形成することに成功した。キャンデリラロウの分散物が持つ髪のツヤの向上に効果的な粒子サイズ域も分かった。今回の研究成果を、今後発売するスタイリング剤などに活用する。

  同社の中央研究所はツヤを出す多くの成分の中から、固体の天然ワックス成分であるキャンデリラロウに着目。キャンデリラロウはスタイリング剤の成分として使われている。

  スタイリング剤の製剤中にワックス成分を微細に分散させることで髪のツヤを向上させられる。ただ、従来の技術ではキャンデリラロウを微細化するため多量の界面活性剤が必要で、髪のベタつきにつながりやすいという欠点があった。また、どの程度までワックス成分を微細化すれば髪のツヤを向上できるかが明確に分からなかった。

[情報元]日刊工業新聞

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ハーバー研究所、信州産高麗人参エキス配合の女性用薬用育毛剤「薬用 麗豊」を発売

ハーバー研究所は、女性の薄毛の原因を追究した女性用薬用育毛剤「薬用 麗豊(れいほう)」を2014年1月29日から全国のショップハーバー、通信販売およびインターネットで発売する。

「薬用 麗豊」は、女性特有の薄毛の原因を研究し、“休止期”が長いといわれる女性のヘアサイクルに着目。頭皮力をアップさせるため、厳選した成分を配合した。発毛をつかさどる「毛母細胞、毛乳頭細胞」に働きかけ、育毛を促進するパンテノール、センブリエキス、抗炎症作用により、頭皮の育毛環境を整えるグリチルリチン酸ジカリウム、抗酸化作用で紫外線による頭皮ダメージ・薄毛をガードするEPC(ビタミンEC)の相乗効果で発毛を促進。さらにハーバー独自抽出で開発された信州産高麗人参高濃度エキスが、高いアミノ酸濃度とサポニン効果で毛根に栄養をあたえ頭皮の環境を整え、女性の薄毛をトータルにケアする。

創業以来30年間無添加主義を貫くハーバーでは、防腐剤、石油系界面活性剤、鉱物油など肌に負担となる成分は一切無添加。育毛剤もスキンケアと同等に捉え、頭皮に刺激を与えずに、効果を発揮。育毛剤特有のツンとした匂いがなく、天然精油のラベンダーとカモミールの香りで、リラックス効果も期待できる。

[情報元]マイライフニュース

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

サボリがちになってない?冬の「美髪ケア」

乾燥によるダメージが気になる冬の髪。外側・内側のケアで潤いツヤ髪をキープしましょう。具体的な対策とケア方法をご紹介します。

■まずは内側から! 美髪に必要な栄養素を!
私たちの身体の細胞は、食べたものでできています。それは髪も同じ。髪の構成成分であるたんぱく質をしっかりバランスよく摂るようにしましょう。たんぱく質の働きを助けるビタミン類も忘れずに。手軽にたんぱく質を摂るなら納豆や枝豆、落花生といった豆類や、煮干し、鰹節、練り物といった魚系の加工食品などもいいかもしれません。

■ケア用品選びも重要!水で濡らすのは逆効果になる事も
静電気で広がった髪を、トイレのついでに濡らしてOK!という方も多いかもしれません。しかし、一旦は収まるものの、水だとすぐに乾いてまた広がってしまいませんか? しかも濡らすと髪のキューティクルが広がってしまい、そこから水分が蒸発して以前よりも乾いた状態になる事もあります。洗い流さないトリートメントを携帯するなどして、こまめに潤い補給してください。

■リラックス効果もあり、一石二鳥の頭皮ほぐし
血行不良で栄養不足の髪にならないよう、頭皮のマッサージも欠かせません。シャンプー前に気持ちいいと感じる程度にブラッシングしたり、シャンプーの時に優しく頭皮を揉みほぐしましょう。毎日少しの時間でもかまいません。気持ちもすっきりし、リラックス効果もあるのでオススメです。美容院でヘッドスパなど受けるのもよいでしょう。

潤いツヤ髪で、クリスマスのお洒落をもっと楽しんでくださいね。

[情報元]Pechy

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

育毛治療の発想から誕生した、アンプルールのアンチエイジングヘアケアライン「プレミアムフィト」

美容クリニックの「育毛治療」の発想から誕生した、アンプルールのアンチエイジングヘアケアライン「プレミアムフィト」。

ヘアウォッシュとコンディショナーは、両立の難しかった根元のハリコシとしっとり感を同時に叶え、ボリュームのあるまとまりのよい美髪に整えると、多くの女性を虜にしている。こちらのアイテムの発売3周年とアンプルールのブランド創立10周年を記念して、限定デザインボトルが11月25日(月)より発売された。

これを機会に、濃密な泡立ちとなめらかな洗い上がりをぜひ、ご自身の髪で体験してみて。

[情報元]VOGUE

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

ABOUT
ヘアケアトレンドニュースは、シャンプー・育毛・発毛・ヘアケアなど「髪」に関する多岐にわたる情報を掲載するサイトです。

お問い合わせはこちらから

Return to page top